幸福に生きるヒント



生活を楽しむヒント

気分転換のヒント

ストレスケアのヒント

やりたいことのヒント

人間関係のヒント

問題解決のヒント

目標達成のヒント

自分とのつきあいのヒント

自分を強くするヒント

生きがいについて

スローライフ

幸福論のページ



 「過去の幸福のヒント

今日の幸福のヒント 気まずいこともある

 人のちょっとした一言やものの言い方、ちょっとしたしぐさや表情、咳払いとかのちょっとした動作、あいさつをしてくれない、目を合わせてくれない、にらまれた(気がする)、会話が途切れるなどの小さい事で気まずい感じがした時に、「自分のことを悪く思われているのではないか」「自分に怒っているのではないか」「嫌われているのかもしれない」などと考えてくよくよしてしまうことがあるという人は多いのではないでしょうか。

 自分さえ考えなければ何も問題ないことがほとんどです。人に相談しても、「そんなのは気にしなければいい」と言われるだけだったりします。

 そんな時にはまず、「こういうこともある」「(人づきあいでは)気まずいこともある」と考えることができれば、少しは気もちが落ちつくでしょう。
 続けて、「小さいことだ」「まぁいいか」などと軽く受け流せれば、なおいいでしょう。

 そもそも人が何を考えているかは「わからない」のです。
 「相手の意図や思惑を考えてもしかたがない」「考え過ぎてイヤな気もちになるのは損だ」「そんなことを考えるより何かいいことを考えよう」などと考えられたら、と思います。
 もし相手に悪意があったとしても、それは相手の問題だし、そんなのは相手にしないのがいちばんではないでしょうか。

 人づきあいの中でのちょっとした事を苦にしないためにはまず、「人間関係に気まずいことはあるもの」と覚悟することではないかと思います。
 「気まずいこともある」とその場で考えられれば、多少のことは我慢できるでしょうし、少しは落ち着いて対応できると思います。

 人間関係のちょっとした事は、気になっても苦にしないように、軽く受け流すことができれば、と思います。





4月25日 考えすぎはくよくよの元

4月24日 後悔してしまう

4月23日 自分の幸せを愛する

4月22日 ゆとりと自由時間の過ごし方

4月21日 まずは現実を受け入れる

4月20日 笑う

4月19日 このままでもいいか


    悩みのヒント

名言から学ぶ幸せのヒント

幸せになる考え方

ハオハオの森


幸せのホームページ 本多時生( honda@shiawasehp.net)