大きなやりたいこと&小さなやりたいこと


 「やりたいことが見つからない」「やりたいことができない」と言う人の中には、やりたいことは「すごいことじゃないといけない」と思い込んでいるのかもしれません。
 すごいことで、かつ、自分にできることは、簡単には見つからないのではないでしょうか。

 「やりたいこと」には、小さなやりたいことも、中ぐらいのやりたいことも、大きなやりたいこともあると思います。
 小さなやりたいことも探してみてはどうでしょうか。

 夢や生きがいなどの大きなやりたいことはすぐには見つからないかもしれません。
 そういうものが見つかるまで、「やりたいことがない」と何もやりたいことをしないで、つまらない時間を過ごしていていいのでしょうか。

 大きなやりたいことが見つかるまでは、小さなやりたいことをやればいいのです。
 そのほうが楽しいし、うまくできれば達成感や自信を得ることもできます。
 その延長に大きなやりたいことが見つかるかもしれません。

 小さなやりたいことなら、考えればいろいろ思いつくのではないでしょうか。
 衣食住、職場・学校、趣味などの自分の生活の中で、何か小さなやりたいことがないでしょうか?
 「好きなこと」や「感じたい幸せ」をヒントに考えてみれば、何か思いつかないでしょうか?
 何でもいいのです。簡単にできることでいいのです。自分がちょっとでもやりたいと思うことならいいのです。

 「すごいこと」をやりたいという思いが強い人は、人の目や世間体のようなものを重視しているのかもしれません。
 それよりも、自分の(やりたい/興味がある/好きなどの)気もちを大切に考えてみてはどうでしょうか。

 自分がやりたいことをやろうと意識して実践し、少しでも愉しめることが重要なのだと思います。
 そうすれば、「やりたいことができている幸せ」を感じられるのではないでしょうか。
 「やりたいことができている」という自覚をもてることが大きいのだと思います。

 小さなやりたいことをやりながら、大きなやりたいことを探していけばいいのではないでしょうか。


    やりたいことのヒント

幸せのホームページ