小さなやりたいことをやる習慣を増やす


 小さなやりたいことでも、その時間を十分に愉しむことができれば、「やりたいことがやれて幸せ」と思えるでしょう。
 生活の中で小さなやりたいことをやる時間と回数を増やすことができれば、それだけ幸せに暮らせていると実感できるようにもなれるでしょう。

 やりたいことをやる時間が増えれば、やりたくないことややらなくてもいいことをする時間も自然に減らせるのではないでしょうか。

 生活の中でやることは、習慣になっていることが多いと思います。
 新たな習慣をつくるためには、はじめは意識してやるように心がける必要があり、うまくできなかったり違和感がある場合もあるでしょう。
 でも、慣れればそれなりにできるようになり、無意識にやれるようになるでしょう。

 また、すでに習慣としてやっていることを、より愉しめるように工夫することで、それが「やりたいこと」になれば、それも「やりたいことをやる習慣」の一つになるでしょう。

 小さなやりたいことをやる習慣を一つ一つ増やしていけたらいいのではないでしょうか。


    やりたいことのヒント

幸せのホームページ