仕事か、趣味か


 やりたいことが仕事としてできたら、幸せでしょう。
 でも、やりたいことが仕事としてはできない場合が多いのではないでしょうか。

 趣味としてやりたいことをする人は多いでしょう。
 「愉しむ」という意味では、趣味のほうがいいのかもしれません。

 仕事でやる場合には、お金を払ってくれる人や上司などからきびしい要求があるのは当然です。お客様のためを優先することが大事でしょう。
 趣味でやる場合には、自分のやりたいようにできます。また、ムリをせずに、ラクに、自由に、マイペースでやりたいことができます。

 (一つの)やりたいことが仕事としてはできないと判断した時には、そのことは趣味としてやる、他のやりたいことを仕事としてやれるように努力する、実際に仕事としてやることを愉しむように心がけてやりたいことにしていく、というようなことが考えられるのではないでしょうか。

 今はやりたいことが仕事としてできなくても、将来的にはやりたいことが仕事としてできるように、長期的に考えて準備をすすめていくのもいいでしょう。

 やりたいことが、仕事としてできるのは幸せ、趣味としてやれるのも幸せです。
 生活の中にやりたいことをやれる時間を増やしていけたら、それだけ幸せに(暮らせるように)なれるのではないでしょうか。


    やりたいことのヒント

幸せのホームページ