楽しみにする


 先の事を「楽しみにする」こと自体がいいのです。
 その事を楽しむのを想うだけでも、ワクワクしたり、「いい(だろう)なぁ」と思えたり、ちょっといい気分になれます。
 どんなふうに楽しむかをあれこれ考えると、もっと楽しくなってきます。
 楽しみにする気もちが残ったままその事を味わってやれば、無意識の時よりもずっと楽しめるでしょう。

 特別な事でなくても、これからすることを楽しみにする(自分の中で楽しみに変える)こともできます。
 どうやったら楽しめるか、を考えてみれば何か思いつくことがあるのではないでしょうか。

 これからすることが決まっていない時間があるのなら、「何をしようかな?」「何をして楽しもうかな?」と考えればいいわけです。
 自分の好きな事・やりたい事を考えればいいのです。そういうことを考えるのもけっこう楽しかったりします。
 思いついたら、その事をどうやって楽しもうか、と考えればいいのです。
 自由な時間は楽しみにすることができるはずです。

 「楽しみにしよう」「楽しもう」という気もちになれるだけでも、生活をけっこう楽しむことができるのではないでしょうか。


    生活を楽しむのヒント

幸せのホームページ