ストレスが溜まらないようにする


 ストレスを受ける時間があっても、ストレスが溜まらないようにすることができれば、ふつうに生活を続けることができます。
 ストレスは溜まってから解消するよりも、溜まらないようにしたほうがいいように思います。

 ストレスを溜めないようにする第一の方法は「力を抜いてやる」ことです。
 力を入れすぎない、余計な所に力を入れないようにできるといいでしょう。
 と言っても、実は力を抜くことは意外に難しかったりします。
 また、心の力を抜くことも同様です。余計なことを考えないようにし、幸せになる考え方を心がけることが大切だと思います。

 ストレスを溜めないようにするもう一つの方法は「休み休みやる」ことです。
 1つのストレスを長時間続けて受けると、ストレスが蓄積し症状が重くなってしまいます。
 短時間の休みでも、ストレスを溜めない効果は大きいと思います。
 緊張を長く続けないように、リラックスする時間をはさむことが大切です。
 たとえば、深呼吸、背伸び、体操、歩く、ひと休み、飲み物を飲む・タバコを吸うなど、その時に自分にできる小さな気分転換法はいろいろあるのではないでしょうか。
 私の場合には、簡単なストレッチ肩の上げ下げを時々するのがクセのようになっています。
 うまく休み休みやる習慣をつくることができれば、ストレスの溜まり方を大きく減らすことができると思います。


    ストレスへの対処

幸せのホームページ