ストレスとは


 「ストレス」とは、一般的に次の3つの意味で使われるようです。
1.ストレスの原因(ストレッサー)
2.ストレスがある状態(心身への何らかの負荷による緊張状態)
3.ストレスの結果・症状(ストレス反応)

 ストレス(の原因)で多いのは、「仕事のストレス」と「人間関係のストレス」でしょう。
 ストレスの結果・症状として多いのは、身体的な「肩こり」、精神的な「イライラ」、身体的・精神的な「疲れ」のようです。
 この辺については、「平成12年 保健福祉動向調査の概況」(厚生労働省)「現代人とストレス」(健康ネット)の調査結果を見るとわかりやすいと思います。

 「ストレスを感じる」という人がたくさんいます。
 ストレスがある緊張状態を感じる場合と、身体的・精神的なストレス症状を感じる場合がありそうです。

 「ストレスがたまる」とよく言われます。
 ストレスを継続的に受けることによって、少しずつストレスの症状が増大するのだと思います。

 このようなストレスに対する、考え方と対策を提案したいと思います。


    ストレスへの対処

幸せのホームページ