ストレスの受け方を軽くする


 避けられないストレスをイヤがっていてもしかたがありません。どううまくつきあっていくかを考えたほうがいいのではないでしょうか。
 ストレスの受け方を軽くすることはできると思います。

 一つは「ストレスに対する考え方」です。
 「ストレスはあるもの」「いいことをするためのストレスであり、それによって緊張感ややる気や集中力などが生まれる」「何か愉しみを見つけ、少しでも愉しんでやろう」「ストレスを乗り越えることで自分が成長できる」のような考え方ができれば、ストレスをイヤがっているよりも、感じる悪いストレスは軽くなるのではないでしょうか。
 また、「前向きな考え方」「割り切った考え方」などでも、ストレスの受け方を軽くできることがあるでしょう。

 二つめは「ストレスの受けとめ方」です。
 イヤなことでもそれをどう受けとめるかで感じ方が変わります。
 「受け入れる考え方」や「ハオハオ」などを身につけることで、ストレスの受け方を軽くすることができるでしょう。

 三つめは「問題の対処法の考え方」です。
 「不幸から抜け出す考え方」など、「幸せになる考え方」を身につけることができたら、と思います。
 ストレスを受けやすい人の中には、「まじめすぎ」や「完璧主義」の人が多いでしょう。「まぁいいか」「なるようになる」のような考え方ができるようになることも大事ではないかと思います。

 そのことがストレスになるか、どの程度のストレスになるかは、その人の受けとめ方によります。同じことでも人によって、すごいストレスになる人、ストレスにならない人、やりがいや喜びになる人がいる場合があります。好きなものはストレス解消になり、嫌いなものはストレスになる、ということもあります。
 受けとめ方を変えることで少しでも、受けるストレスを軽くできたら、と思います。


    ストレスへの対処

幸せのホームページ