ストレスに対する考え方


 「ストレスは悪いもの」と単純に考えないほうがいいようです。
 「ストレスには、いい面もあるし、悪い面もある」ということです。

 ストレスに対する肯定的な考え方ということを以前に書きました。
 仕事でも人間関係でも生き方でも、「よりよくしたい」というストレスが働くことで、人はいい方向に努力できるのだと思います。
 また、ストレスがやる気や集中力を生むこともあります。
 さらに、ストレスを乗り越えることで、自分が成長できるということもあると思います。

 誰にでも、いつでも、多かれ少なかれ「ストレスはあるもの」です。
 ストレスは「あってもいい」「なくてはならないもの」と、さらに前向きに考えたほうがいいのかもしれません。
 「ストレスはあってもいい。ただし、ストレスが強すぎたり長すぎたりするのはよくない」ということなのでしょう。
 ストレスはあるものと覚悟して、うまくつきあっていくことを考えたほうが良さそうです。

    ストレスへの対処

幸せのホームページ