ストレスにより消耗・疲弊した心身を癒す


 ストレスにより消耗・疲弊した心身を癒し、回復させるためには、「休息」「栄養」「運動」の3つが重要だと思います。

 心身の休息に有効なのは、第一に「睡眠」でしょう。できるだけ自分に必要な睡眠時間を確保し、疲れた時にはいつもよりも余分に眠ることができたらと思います。
 悩みなどがあって「眠れない」ということもあるかもしれませんが、逆につらい時ほど眠れるように努力できたらと思います。
 睡眠以外にも、いろんな「休む」方法があると思います。
 心の休養には、やすらぎの時間をもつのがいいでしょう。自分なりのやすらげる場所/やすらげる人/やすらげる音楽/やすらげること(たとえば、入浴)などがあるといいでしょう。

 栄養のあるものを食べることは、身体を元気にしてくれるでしょう。食べることはストレスの発散にもつながりそうです。(ただし、食べ過ぎには注意) 美味しいものを味わうことで心の栄養にもなるのではないでしょうか。
 幸せを感じることは心の栄養になると思います。生活の中で愉しめることや幸せを感じられることを大切にすることが重要です。
 悩みを抱えていたり心が疲れている時ほど、幸せを感じられる時間と回数をいつもより増やせるように心がけられたら、と思います。

 重症の場合でなければ、運動をしたほうがいいでしょう。身体を動かすことはストレス発散にもなります。私がおすすめしたいのは、ハッピーウォーキングです。
 心を動かすようなことも、ストレスの回復には役立つと思います。
 笑うことは免疫力を高め、治癒力をアップさせると言います。きっと、幸せな気分になると、いいホルモンとかが出たりして、溜ったストレスを解消するのに役立つと思います。「バカ笑い」でも少しは効果があると思います。

 ストレスを感じる時には、休養・栄養・運動を考えてみてはいかがでしょうか。


    ストレスへの対処

幸せのホームページ