話を聞かない男


 『話を聞かない男 地図が読めない女』という本が以前にベストセラーになりました。
 「話を聞かない男」というのは本当に多いようです。そして、それに対して不満を持っているパートナーの女性も多いようです。当然のことながら、そういう男性はそういう女性の気もちがわかっていません。そして、それがどのくらい重要なことかも。

 私は、人を幸せにする方法のまず第一は「人の話をよく聞く」ことだと思っています。
 もし、パートナーを幸せにしたい思うのなら、まず相手の話に耳を傾ける心がけをおすすめします。それ自体が相手を少し幸せにすることであり、かつ、パートナーシップを高めることになると思います。(人の話をよく聞けるようになるためには、「聞き上手になりたい」を参考にしてください)
 と言っても、「人の話を聞く」ことの価値がわからない男性もいると思います。理屈はともかく、試してみてください。相手の話をよく聞くことで二人の関係がどう変化するか、自分で実感するのが何よりだと思います。

ヨッ! 女の味方     ハオハオ

 「話を聞かない男」は納得なのですが、「地図が読めない女」というのはピンときません。そこで、「話を聞かない男」のパートナーとしてはどんな女がいいか、一生懸命に考えてみました。これがなかなか難しかったのですが、結局、「わかってくれない女」ということにしておきます。

 疲れているのをわかってくれない、やすらぎがほしいのをわかってくれない、・・・。男は好きな女に弱みは見せたくない、というところが多分にあるのです。
 「好きだ。愛してる」なんて男はなかなか言えないんです。言わなくたって、それくらいわかってほしい。
 努力していることをわかってほしい、男はいろいろ大変なのをわかってほしい、・・・。
 とか、勝手な言い分はいろいろあるのですが。
 「言わなきゃ、わかんないじゃない」(これは正しいのですが)とは言わずに、パートナーの気もちを察してもらえたら、と思ってしまうのです。

ヨッ! 男の味方     ハオハオ

 というようなことなのですが、ここは男よりおとなの女性に提案なのですが。
 まず、「話を聞いてほしいんだけど、今いい?」とひと言聞いてほしいと思います。こう言われれば、「いいよ」と答えることのほうが多いと思います。「今はちょっと。かんべんして」と言われたら、わかってあげてほしい。
 もう1つ、適当なところで切り上げることを考えてほしいのです。そして、「ありがとう、話したらスーッとした。また、話聞いてね」と言えば、パートナーはいいことをしたと気分をよくして「いいよ」と答えるはずです。

 パートナーと幸せになるためには、まずパートナーをよく知ること。そのためには、相手をよく見て、相手の話をよく聞き、相手の気もちをわかろう心がけること。そして、それをヒントに、今何をしたらパートナーを幸せにすることができるかを一生懸命に考えること。
 これは、男でも女でも同じことだと思います。

ヨッ! 八方美人     ・・・


    幸せのパートナーシップ

人間関係のヒント

幸せのホームページ