パートナー選び


 パートナーはほしいけど「いい人がいない」という人も多いと思います。
 そんなに理想的な人はめったにはいない、ということでしょうか。理想が高ければ特に。

 以前、私の独身の友達にどんな人がいいか聞いたら、「特にはないけど、かわいくてやさしい人」と答えて、仲間に「おい、おい」といっせいにつっこまれたことがありました。でも、聞いたらこういう答えをする男の人は多いと思います。女性だったら「カッコよくて、やさしくて、いっしょにいて楽しい人」と言う人、意外に多いんじゃないかな。(パートナーがいる)人から見たら、ゼイタク、理想が高すぎるんじゃないの、ということになります。

 まぁ、好みとか理想とかは誰でもあると思いますが、現実にはなかなかそういう人とパートナーとして出会えることは少ないような気がします。
 パートナーがいる人に聞いてみたら、「以前からの理想通りのパートナー」だと言う人はどのくらいいるでしょうか。あまりいないように思います。でも、好きになったらみんな、いいパートナーになれるのだと思います。

 ちょっと好みや理想の人と違ったら、頭から興味を持たない(対象外と思ってしまう)人は、パートナーが見つかりにくいような気がします。
 それに、好みとか理想ってけっこういいかげんな気がします。いつのまにか好みや理想が変わった、ってことがある人も多いんじゃないでしょうか。「好きになった人が今の好み」って言うのって正直なんじゃないかって思います。
 そんないいかげんな好みや理想で早めに判断してしまうのは、もったいないのではないでしょうか。

 「出会いがない」と言う人は、出会いを求めて行動するという方法もありますが、少ない出会いでも大切にするということも考えたほうがいいと思います。ある程度の人がいたら、出会いを大切にして、いいパートナーシップを育てていけばいいのではないでしょうか。

 パートナーが誰かは非常に大きいことですが、その選択以上に、パートナーといい関係を築いていく、その後の努力のほうが大きい、と私は思います。どんなにいい相手だって、ちょっとしたことから悪い関係になってしまうのが人間関係の難しいところだと思います。

 人生の中での出会いを大切にした人が、いい出会いができて幸せ、って言える人じゃないかって思います。


    幸せのパートナーシップ

人間関係のヒント

幸せのホームページ