人とそれなりに付き合う


 誰とでも親しく付き合えないといけない、のような思いこみが心の中にある人は、人付き合いで悩みやすいでしょう。
 どんな相手とも「それなりに付き合う」ことができたら、と思います。

 それなりに付き合うためには、まず「人付き合いにおける基本的なこと」が大事だと思います。
 人付き合いの扉は会話だと思います。「人と会話するのが苦手」と悩む人もいます。
 特定の相手と付き合う必要があるのなら、「話を合わせる」ということも必要です。そのために、相手が興味を持っている情報を入手することや、会う前に話題を考えておくなど、それなりの努力も実際に役に立ちます。
 話すのが元来苦手な人は、人の話を聞くことを心がけ、聞き上手になることをおすすめします。人は話をよく聞いてくれる人に好感をもちます。

 それなりに付き合うために役に立つ考え方が、「一時の事」と「いっしょにいない時には相手のことを考えるはよそう」です。
 つまり、相手と接する時に多少イヤな思いをするのは覚悟して、相手と接していない時にはその人のことで思い煩わないように心がけことです。

 人付き合いに悩む人の中には、人付き合いに期待し過ぎる人や完璧主義の人が多いような気がします。「それなりに付き合えばいい」のように考えることでラクになれる人もいるのではないでしょうか。


    人間関係のヒント

幸せのホームページ