決断するための考え方


 重大な問題をじっくりと考える際には、いろんな答えを考えられると選択肢が増えていいのですが、それだけ決断するために迷うことになってしまうかもしれません。
 迷った時に決断するための考え方を紹介することにします。

1.力を抜くための考え方

 よく考えることはいいことですが、迷うと悩ましくなり、迷いすぎるとつらくなってしまいます。そのために、生活を楽しめなくなってしまうようではよくないでしょう。

 迷った時に少し力を抜くための考え方が、「○○もよし、□□もよし」です。
 「どちらでもいいのではないか」と考えることができれば、少しはラクになり、決断しやすくなるでしょう。

2.決断の時期を知るための考え方

 選択に迷っている際に、同じ考えを繰り返すだけで時間をムダに過ごしたり、チャンスを逃してしまうこともあります。
 「堂々巡りはやめよう」「第三の選択はやめよう」と気をつけていれば、決断の時期を知ることができるかもしれません。

3.選択肢を比較するための考え方

 決断する場合には、選択肢の比較によって決める場合が多いでしょう。
 比較の方法としては、「幸せになる考えを選択する」を参考になさってください。
 その際に、「紙に書いて考える」と、より比較しやすく、冷静な決断もしやすくなるでしょう。

4.最後の決断するための考え方

 最終的には、決断しなければなりません。(「そのままでもいい」という決断も含めて)
 「決断するために役立つ考え方」を心がけてみると、心が決まるかもしれません。

 “人生の選択”と言えるような重大な問題については、「人生の選択」のページも参考になさってください。

    問題解決のヒント

幸せのホームページ