休み休み考える


 悩みや問題を抱えている時に回避しなければならないのは、そのことで疲れ切らないこと、生活に支障をきたさないことです。そのためにはまず、考え過ぎないことです。
 「考えるのはいいこと、考え過ぎは・・・
 何でも長時間力を入れっぱなしでは疲れるし、つらくなってくるものです。
 悩ましくなってきたら、「(ちょっと待て。)考え過ぎかな?」と自問できたら、と思います。考え過ぎだと気づいた時には、考えるのを少し休んで、できれば気分転換をしたり何か愉しめる時間を挟んで、休み休み考えるのがいいでしょう。

 どんなに大きい問題があっても、一日中そのことを考え続けてはいけません。それでは心身ともに疲れきってしまいます。生活にも支障がでます。その悩みがいかに重要なことでも一日に一時間とか時間を限って考えることが重要です。

 悩みがあるとついついそのことを考えてしまうものです。それはしかたがありません。そのことを考えているのに気づいて、「あとで考えよう」「(一度寝てから)明日考えよう」などと考えられたら、と思います。
 「今だけは」と、今やるべきことに集中したり、今を愉しむことを心がけるのもいいでしょう。

 考える時間には集中して考えます。そのために役立つのが紙に書いて考える方法です。

 悩みを抱えている時ほど、心の休養と栄養が必要なのだと思います。
 いい答えをだすためには、うまく休みながら心の力をキープして、考えることが重要です。

    問題解決のヒント

幸せのホームページ