じっくり考えて解決を目指す


 重要な問題は時間をかけてじっくり考えたほうがいいでしょう。

 そのためには、まず、「悩みや問題があるのは当たり前(しかたがない、あってもいい)」と考え、(まだ解決できない)問題があることを苦にしたりあせったりしないことです。
 そして、「解決したらいいな」ぐらいに、ちょっと(心の)力を抜くことができたら、と思います。
 そして、「どうしたら?」と落ちついて解決法を考えることです。

 じっくり考えるための方法としていちばんおすすめしたいのは、「紙に書いて考える」方法です。
 また、期限を決めて考えたほうがいいことも多いでしょう。

じっくり考える方法1「紙に書いて考える」

じっくり考えるポイントは「堂々巡りはやめよう

じっくり考える方法2「期限を決める


 悩みや問題があっても、あまり悩み苦しまないように、じっくりと考えられるようになれたらいいのです。
 そのためには、あせらずに、ちょっと力を抜いて、落ちついて考えることができたら、と思います。

    問題解決のヒント

幸せのホームページ