過程を愉しむことが大事


 目標もって生きる目的として、達成することによって得られる幸せは大きいものですが、それまでの過程で得られる幸せもたくさんあります。

 結果(の幸せ)だけを求めると、結果が悪ければ価値がない(マイナス/損/不幸になるなど)と考えてしまいます。
 過程(の幸せ)を充分に愉しむことができれば、たとえ結果が悪くても価値がある(プラス/得/幸せ)と考えられます。

 夢や目標を持てない大きな理由の一つは、失敗や挫折を恐れるからだと思います。それは「結果だけ」を考えているから、とも言えます。夢や目標の達成を目指す「過程」を充分に愉しめるのなら、チャレンジしてみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

 旅行をする目的は、目的地に行くことではなく、旅の過程を愉しむことです。
 結果だけを考えれば、「どうせ家に戻ってくるのなら、行っても行かなくても一緒」ということになってしまいます。
 夢や目標についても「失敗や挫折をしたら価値がない」と考えるのはいかがなものでしょうか。

 ゲームやギャンブルでは、勝つこともあるし負けることもあります。
 勝ち負けだけにこだわるより、愉しむことも大切だと思います。充分に愉しめれば負けてもいいのではないでしょうか。
 夢や目標についても同じことが言えるのではないでしょうか。

    目標達成への過程を愉しむ

目標達成のヒント

幸せのホームページ