行動することの価値


 目標を達成する方法をいくら考えても、行動に結びつけなければ、何にもならないことがほとんどでしょう。
 何もしないのなら、考えていないのと変わりありません。
 やってみれば、何らかの(中間)結果が出るのではないでしょうか。

・やってみたら意外に簡単にできた。(こういうこともけっこうあります)
  これは気分もよくなるし、自信もできるので、もちろんOK。
・やってみたらいくつか問題はあったが、努力して何とかできた。
  これは自分に実力がつく、いい状況なので、もちろんOK。
・やってみたら、自分の問題点や今後の課題がわかった。
  これからを考える上で、いい材料になるので、これもOK。
・やってみたけど、自分はできないことや向いていないことがわかった。
  早くあきらめがつけば、これもOK。
・やらないと決める。
  その分の時間とパワーを他のいいことに使えるので、OK。
・考えているうちに時間が過ぎてしまい、何もしなかった。
  これはNG。

 と、単純ではないことも多いと思いますが、何もしない“第三の選択”がいちばんよくないことはけっこうあると思います。

 目標にはいろいろありますが、とにかく行動したほうがいいことは多いと思います。(たとえば、「動いて解決を目指す考え方」ができるような場合)
 「歩きながら考える」「動いて解決を目指す」のような方法が有効なこともあると思います。

 また、「自分を育てよう」という人生目標がある人は、「いい経験をする」という価値を考えられるでしょう。

 行動することの価値を考えれば、行動できることもあるのではないでしょうか。
 相田みつをさんも、「動いてごらん」と書かれています。


    目標達成のヒント

幸せのホームページ