相手の利益を伝える


 人は、基本的には「自分のため」に行動しています。
 人を動かすためには、「相手のため」を考えることが大切です。
 相手が、自分にとって利益があると思えば、自分のために行動するはずです。
 「相手の利益を考える」ことができるかどうかによって、人を動かせるかどうかは、大きく変わると思います。

 相手の利益を考えるためには、「相手本位」に考えることが重要です。
 相手が望むものを見つけ、それを手に入れられるような提案ができたら、と思います。

 「相手の利益」と言うと、成功や名誉やお金などが考えられますが、もっと広く「相手の幸せ」と考えればいいのだと思います。
 相手が幸せを感じられること、夢や希望をもてること、愛のあること、いい経験になること、・・・このようなことをヒントに考えてみるのもいいと思います。

 そして、相手の利益を、その相手にうまく伝えることが大切です。
 わかりやすく(できるだけ具体的に、「こうしてこうすれば、こう(幸せに)なる」のように)、魅力的に(「うまくいけば、こんなにいいことがある」のように)伝え、相手が期待できるようにすることです。

 もちろん、相手の利益だけでなく、自分の利益にもなることを考えて、うまく提案できたら、と思います。

    人を動かす

目標達成のヒント

幸せのホームページ