アイデア発想法


 目標を達成するためには、役に立つアイデアがあったほうがいいでしょう。
 優れたアイデアが成功の決め手となることがよくあります。
 ここでは、アイデア発想の方法を考えてみることにします。
(1)アイデアが作られる過程から考える方法
(2)苦情法と着眼法
(3)動きながら考える
 他にもいろんなアイデア発想法があると思います。でも、万能の方法はないでしょう。
 どのような考え方をするにしても、最後は「繰り返し考え続ける」ことだと思います。

 アイデア発想過程の1.〜3.(考える材料やヒントを探し回る、集中して考える、気分転換をする)、この3つを(質を高めて)繰り返し、アイデアが浮かぶまで続ければいいのだと思います。

 何度も考え続けていれば、ふとアイデアが思いつくことがあります。
 歩いている時、入浴中、ふとんの中、トイレの中などで、いいアイデアが浮かんでくることがよくあります。いつも考えていない人は、そういうことが少ないのではないでしょうか。

 あとは経験ではないでしょうか。
 自分なりのアイデア発想法を工夫しながら、アイデアを考えることを繰り返せば、少しずつ発想力がついてくるのだと思います。


    目標達成のヒント

幸せのホームページ