休む  気分転換のヒント


 「休む」ことも気分転換になります。疲れると気分が悪くなるものです。
 身体の疲れだけでなく心の疲れもありますので、身体を休めるだけでなく心を休めることも重要です。

 心身を休めるいちばんの方法は、「眠る」ことでしょう。
 幸せな気分で眠りにつくことができたらいいでしょう。

 「眠れない」という不眠の問題は、体調も気分も悪くするでしょう。

 また、疲れている時には重要な問題はあまり考えないほうがいいと思います。疲れていると感じている時には、「(一度寝てから)明日考えよう」と考えたほうがいいでしょう。
 長時間やることは、うまく休みながらやることが重要です。
 何か一つのことをやり続けると疲労が大きくなってしまいます。小休止をいれて、休み休みやると、長い時間続けることができます。

 重大な問題を考える際には休み休み考えるほうがいいのです。休んだり気分転換をしながら考えたほうがいいでしょう。
 力を抜いてやったほうがいいこともあるでしょう。
 身体も心も、つらくなったら、ちょっと力を抜く心の力を抜く)ことを考えてみたほうがいいでしょう。
 やすらげる時間をもつのもいいことです。
 やすらげる時間があれば、頭だけでなく、神経を休めることにもなります。
 自分がやすらげる方法ややすらげる場があるといいでしょう。
 時には、ボーッとする時間があってもいいのではないでしょうか。
 気分転換ができない人の中には、まじめすぎや頑張りすぎや完璧主義の人が多いような気がします。頑張ることはいいことですが、あまり疲れないうちに、うまく「休み」をとれたほうがいいでしょう。


    気分転換

幸せのホームページ