習慣的気分転換


 幸せを感じられる時間を習慣的にもつ
 一日の中に何回かでも幸せを感じる習慣があれば、無意識のうちに自然に気分転換ができます。
 イヤなことがあったりして悪い気分になっても、幸せを感じる時間があれば、いつのまにか気分は回復します。
 自分の生活の中で、愉しむ工夫をし、幸せを感じられるようになる
 好きなこと、楽しめること、安らげること、気もちいいこと、夢中になれること、癒されること、・・・小さな幸せを感じられることはたくさんあるはずです。
 いろんな幸福感があります。
 生活の中の一つ一つを愉しむ工夫をすればいいのです。

 たとえば、入浴はちょっとした工夫でいろいろと愉しむことができます。
 入浴剤を入れたり、何かいい香りのするものを使ったり。
 時間がある時には、ちょっと長めに入ってみたり。半身浴をしてみたり。
 たまには、電気を消して入ってみたり、いつもと反対向きに浴槽に入ってみたり。
 ひとりの時間をゆったりと過ごすことができれば、一日の(心身の)疲れを癒すことにもなり、いい気分転換になるでしょう。

 音楽鑑賞や読書や瞑想などで、やすらかな時間を過ごす習慣があるだけでも、生活感はけっこう違うでしょう。
 散歩(ハッピー・ウォーキング)や体操や運動の習慣がある人は、体調もよくなり、気分よく過ごしやすいでしょう。
 習慣的な気分転換は、日々の生活を愉しむ工夫を心がければ、自然にできるようになれるでしょう。
 幸せ感じるための実践方法については、「幸せを感じられるようになるために」を参考になさってください。

 習慣的に気分転換ができる人は、気分よく過ごしやすいでしょう。

    気分転換

幸せのホームページ