計画的気分転換


 時には、大きな気分転換が必要
 仕事・家事・育児・勉強などは大事なことですが、時にはそういうものを忘れて過ごす時間が必要なのではないでしょうか。
 ふだんの生活の場から離れて過ごすような、大きな気分転換がたまにあったほうが、リフレッシュできて、イキイキと生活できるでしょう。
 大きな気分転換法は、計画しないとできない
 大きな気分転換法(旅行など)は予め計画しておかないとなかなかできないでしょう。
 年に数回の長期休暇は日程がかわっているでしょうから、事前に十分な計画が立てられるでしょう。
 また、週休二日で、最近はハッピー・マンデーで三連休も増えているので、週末の過ごし方もいろいろ考えられるでしょう。
 予定を入れておけば、逆にふだんの生活を調整することで、時間を作れるのではないでしょうか。
 生活の中の大きな愉しみにできる
 休日の過ごし方として、「遊ぶ」と「休む」が考えられます。
 どうせ遊ぶのなら楽しく、休むのならやすらかに過ごせたらと思います。そのための計画や工夫をしてみてはどうかと思います。

 たとえば、休日の遊びで代表的なのは旅行・行楽ですが、ふつうは日程・行程だけしか決めていないのではないでしょうか。
 もう少し愉しむための計画や工夫をしてみてはどうでしょうか。旅の前にそういうことを考えるのもけっこう楽しかったりもします。(私も、以前に高知旅行の予習をしたらいろいろと愉しめました)
 行く前から旅の愉しみがいろいろある、というのがよさそうです。

 年に何回かの大きな愉しみがあれば、そのために頑張るということもできるのではないでしょうか。一つの区切りと考えて、それまでにやるべきことを計画的に進めることもできるでしょう。
 自ら計画し、愉しむ工夫をすることが大切
 計画的気分転換法としては、他にも「何曜日にはこれをする」「何日にこれをする」というような計画も考えられます。
 食事に行く、映画を観に行く、誰かと会う、スポーツをする、趣味の事をする、・・・。
 そういう前にも、その愉しみをもっと自覚して、少しでも愉しめる工夫をしてみてはどうでしょうか。
 人生をいろいろと愉しむことが、自然にいい気分転換につながればいいのでしょう。
 いろんな計画を自分で立て、それを愉しむ工夫ができるようになれれば、と思います。

    気分転換

幸せのホームページ