遊ぶ  気分転換のヒント


 “遊ぶ”ことがいい気分転換になることは多いでしょう。
 ただ休むだけでは、とれない疲れや解消しないストレスのようなものもあり、気分が回復しない場合もあります。
 ある程度休んだら、あとは「遊ぶ」ことを考えたほうがいいようです。
 “遊ぶ”時には愉しむことが大切です。
 遊びを愉しめれば、気分よくなれます。
 遊びに夢中になれば、イヤなことも忘れられます。
 どうせ遊ぶのなら、「愉しもう」と思って遊んだほうがいいのではないでしょうか。
 楽しめる遊びのいちばんのヒントは好きなことでしょう。
 「遊び」と言ってもたくさんあり、好きな遊びは人それぞれです。
 いい気分転換になれる、自分の好きな遊びを習慣的または計画的に愉しめたら、と思います。

 自分の好きなものにこだわってみるといいでしょう。
 マニアやオタクまでいかなくても(いってもいい)、何かに凝ってみるとけっこう愉しめるのではないでしょうか。それが次々に変わっていくマイブームのようなものでもいいと思います。

 好きなことをする、やりたいことをやるというのが、「遊び」の基本であり、幸せになる方法でもあると思います。
 「遊ぶ」と言うと、「人と遊ぶ」ことをイメージする人が多いと思いますが、ひとりで遊べることもたくさんあります。人の都合に関係なく、人に気を遣うこともなく、自分の自由にできるひとり遊びのほうが気分転換にはいいのかもしれません。

 「遊び心」とか「遊び感覚」のようなものもあったほうがいいと思います。そういうものがあれば、仕事や勉強や家事などでもそれなりに愉しむことはできるのではないでしょうか。

 働く時には一所懸命に働き、遊ぶ時にはおもいっきり遊び、休む時にはしっかり休むというのがいいでしょう。

    気分転換

幸せのホームページ