気分転換のヒント


 気分は放っておくと持続します。悪い気分はあとをひきます。
 気分が悪いと、物事を悪く受けとめやすく、悪い考えをしやすくなります。時には後悔するような行動をしてしまうこともあります。
 うまく気分転換ができるようになれれば、今よりも気分よく・幸せに過ごせるようになれるでしょう。


1.気分転換を心がける

1.1 意図的気分転換

 「気分が悪くなったら、早めに気づいて、気分を変えるように心がける」
 このような習慣をつくることで、気分が悪い時間を減らすことができたらいいでしょう。
 ポイントは、すぐにできる簡単な方法で、少し気分をよくして、その時にやることに取り組むことです。

1.2 習慣的気分転換

 「幸せを感じられる時間を習慣的にもつ」
 自分の生活の中で、愉しむ工夫をし、幸せを感じられる時間を習慣的にもてれば、気分よく(けっこう幸せに)暮らせるようになれるでしょう。

1.3 計画的気分転換

 「時には、大きな気分転換が必要」
 旅行などの大きな気分転換法は、予め計画しておかないとなかなかできないでしょう。大きな気分転換法は、生活の中の大きな愉しみにでき、そのために頑張ることもできるでしょう。
 自ら計画し、愉しむ工夫ができるようになれたらいいでしょう。


2.気分転換のヒント

2.1 身体を動かす

2.2 心を動かす

2.3 ふれあう

2.4 休む

2.5 遊ぶ

 気分転換の方法はいろいろあります。気分よくなれることはすべて気分転換法になるのでしょう。
 自分なりの得意な気分転換法をたくさんもつことができれば、それだけ様々なケースに対応できるでしょう。


 気分がよければ、幸せを感じやすく、いい考えをしやすく、いい行動もしやすいでしょう。
 気分よく生活することは、そのまま幸せに暮らすことにつながるのだと思います。



    ストレスケアのヒント

やりたいことのヒント

幸福論のページ

幸福に生きるヒント

幸せのホームページ