生きがいを感じて生活するためには


 生きがいと言えるものがあっても、実際に生きがいを感じて生活できないのでは、すごくもったいないと思います。ではどうしたら、生きがいを感じて暮らすことができるでしょうか。

 私には、「幸せ」に関するライフワークがあり、今はこのホームページを続けることにやりがいを感じています。これが自分の生きがいの1つだと自覚しているし、実際に生きがいを感じられることがいろいろあります。まずは、「自分の生きがいを自覚する」ことが生きがいを感じる方法だと思います。

 私は今後、このホームページの中でやりたいことや、本を書くなどの目標や、まだ人には明かしていない夢があります。そういうことを想うことで、生きがいを感じると共にやる気が出てきます。「夢や目標を想い起こす」ことで生きがいを感じることができます。

 私は毎日、ホームページのカウンタの数字をカレンダーに書き込んでいます。「自分がやったことや自分の進歩やそのことの成果を確認する」ことで、小さな生きがいを実感できます。

 メールやゲストブックなどでこのホームページについて、「いいですね」「役に立ちます」「ありがとう」「これからも頑張ってください」のようなうれしい言葉をいただくと、本当にうれしくて「やっててよかった」「これからもできるだけ続けていこう」などと思え、生きがいを感じられます。「人の役に立てたことが目に見える」ことは、生きがいを感じやすいと思います。

 私は、帰り道で「きょうも一生懸命に仕事をした」と充実感を感じます。「よくやった」と自分をほめたり、ご褒美をあげたりします。
 夜、寝る前にも「よくやった」と思うことがあります。「自分のやっていることを評価する」ことで、充実感とささやかな生きがいを感じられます。

 私は、よく冷えたビールを飲んで「あー、最高。生きててよかった」とか、風呂に入って「あー、極楽、極楽。日本に生まれてよかった」などと思うことがよくあります。他にも幸せを感じた時には「あー、(幸せを感じられて)よかった」と思うことがあります。
 「日々の幸せが生きがい」だと思っていれば、いっぱい生きがいを感じられます。

 ここに書いたような「生きがいを感じられること」を、自分の生活の中に習慣として入れてしまうのが、生きがいを感じて生活する秘訣ではないかと思います。


    生きがいについて

幸福に生きるヒント

幸せのホームページ