生きがい探し


 どのようなものに生きがいを感じやすいかで、夢や目標/人の役に立てること/自分を活かせること/充実感を得られることなどを挙げましたが、これらは生きがい探しのヒントになります。
 1つでもこのようなことがあれば、生きがいを感じられる可能性がある、ということです。

 生きがいには、大きな生きがいもあれば、小さな生きがいもあります。大きな生きがいを見つけるのは時間がかかるかもしれません。小さい生きがいならすぐに見つかるはずです。
 とりあえず小さな生きがいを持って大きな生きがいを時間をかけて探し続ける、というのが現実的な方法ではないかと思います。

 生きがい探しには、2つの方法があると思います。まだ出会っていないものを探すか、すでに持っているものから生きがいを見い出すか、の2つです。ふつう生きがい探しと言えば、前者を考えると思います。そして、大きな生きがいだけを探す人が多いのではないでしょうか。

 自分が持っている小さな生きがいを探すヒントは幸福感です。自分が幸せだと感じたことは生きがいになる可能性があります。その幸せをまた味わえることに期待が持てるのなら、それは自分の小さな生きがいだと考えていいと思います。

 自分が生きがいだと思えれば、思い込みでも何でもいいのです。自分の好きなものややりたいことを生きがいだと思っていいと思います。
 日常的な生きがいでもいいのです。たとえば、一日の終わりにビールを飲んで「あー、最高。生きててよかった」とか、子どもの寝顔を見て「これが生きがい」とか思ってもいいわけです。
 小さな生きがいでも、それが自分の生きがいだと自覚していれば、生活の中で生きがい感や幸福感を感じることができます。

 大きな生きがいは時間をかけて探し続ければ、きっと見つかる、と私は思います。しいて条件をつけるのなら、ラクばかりを考えず苦労を覚悟するなら、きっと見つかるはずです。


    生きがいについて

幸福に生きるヒント

幸せのホームページ