しあわせ日記

  忘れる

 幸せになるためには「忘れる」ことも大事です。
 不幸を忘れることができずに、思い返せば、そのたびに不幸(な気もち)になってしまいます。
 「忘れられる幸せ」というのもあると思います。

 過去の不幸(たとえば、過去のいじめ・裏切り)をいつまでも忘れられない人もいます。それが心のしこり心の傷のようになっている人もいます。
 過ぎたことでくよくよしないようになれるといいでしょう、
 過去の不幸は幸せに変えることで忘れられると、なおいいでしょう。

 現在抱えている悩みや問題のために不幸になっている人もいます。
 その問題と関わらない時間を(その事を忘れて)少しでも幸せに過ごすように心がけることで、問題があっても(それなりに)幸せに暮らせるようになるといいでしょう。

 「忘れよう」と思っても、忘れられるものではありません。「忘れよう。忘れよう」と心がけるのは逆効果でしょう。
 つい思い出してしまっても、「こんなことを考えるより、○○をしよう」のように切り替えられるようになれるといいのではないでしょうか。

 何事も(一時的に)忘れることはできます。何かをすることで、不幸を忘れられるといいのです。
 たとえば、仕事、やりたいこと人を幸せにすること新しいことなど。
 つらいこと・不幸を忘れられる何かに一所懸命に取り組めばいいのです。
 自分が楽しめたり没頭できることだといいでしょう。夢中になれることなら、なおいいでしょう。
 自分なりのイヤなことを忘れられる方法を身につけられるといいでしょう。

 忘れられるのは、その能力があるからです(忘れる能力)。
 能力は訓練すれば、向上させることができるでしょう。
 忘れる能力を養えるように、不幸なことを忘れる工夫と努力を続けていけるといいのではないでしょうか。


    次の日の日記

最新の日記

ホームページ