しあわせ日記

  自分の価値

 「自分は弱い」「自分は無力だ」「自分はダメだ」などと、自分の価値を低く決めつけてしまうのはよくありません。
 また、「どうせ自分は××だから」や「自分には何もできっこない」などと、自分のことを簡単にあきらめるのもよくありません。
 人は自分の考えた通りの人になる、とも言われます。

 現実の自分を知り、完全を期待しないことです。
 自分の欠点を知っても、まずは受け入れることです(たとえば、自分の弱さを受け入れる)。
 その上で、その欠点を克服する努力を「するか、しないか」を決めればいいのです(自分の欠点に対する幸せになる考え方)。

 欠点だけでなく、自分のプラスの価値を見つけることも大事です。
 自分で自分を認め自分を評価できることを見つけられるといいでしょう。
 その際に、人間の価値を仕事や成功だけで考えないことです。
 幸せかどうかを、人間の価値・自分(の人生)の価値と考えてもいいのではないかと思います。

 ありのままの自分には価値があるのです。誰にでも存在価値はあるのです。自分の価値を信じることです。
 また、これからの自分に期待することができるといいでしょう。

 適度な自己評価を心がけ、健全な自尊心を育てることができるといいのではないでしょうか。


    次の日の日記

最新の日記

ホームページ