しあわせ日記

  読んで、考える

 本を読むのはいいことです。

読書は 好好

 読書には、いろんな目的や楽しみ方があると思います。
 「幸せになるため」「生きるヒントを見つけるため」に本を読む人は多いと思います。
 そうだとしたら、読んだことが何も役に立たなければ(時間やお金や労力が)もったいないでしょう(出力を伴ってこそ学習)。

 読書を自分の成長・人生・幸せに役立てられるようになるといいでしょう。
 そのためには、ただ読むだけでなく、読んだことをヒントに自分(の考え方・行動・生き方)を変えることです。
 「これをヒントに、自分(の考え方・行動・生き方)を改善するにはどうしたらいいだろうか?」のようによく考えてみれば、何かしら思いつくことがあるのではないでしょうか。

 人間は時々刻々変わっていますから、同じ本でも読む時期によって学べることが違います。
 そういう意味では、自分にとって読み直せるいい本と出合えたことは、人生の幸せと言ってもいいのではないかと思います。

 (幸せに生きるために)本を読んでも何も身につかなければ価値がありません。
 もう少しゆっくりと本を読んで、よく考えることで、幸せに生きる知恵を「一つ一つ、少しずつ」身につけていけるようになるといいのではないでしょうか。


    次の日の日記

最新の日記

ホームページ