しあわせ日記

  一日一生

「一日は一生の短縮版であり、一生は一日の積み重ねでしかないのだから、一日を大切に生きることが一生を大切に生きることにつながる」。

 「一日が一生」と考えてみれば、朝目覚めた時が一生の始まりであり、夜眠りにつく時が一生の終わりです。
 きのう(過去)のことは、今の人生とは関係ないのです。過ぎたことでくよくよしないように心がけ、悪いことを引きずらないようになれるといいのでしょう。
 あす(将来)のことは、先の違う人生と考えれば、まだ心配することはありません。先のことでくよくよしないようになれるといいのでしょう。

 「大切なのはこの一生」と考え、きょう一日を大切に過ごすことに集中できるといいのではないでしょうか。
 朝起きた時に、「きょうも生きていて幸せ」「きょうはこれを頑張ろう」「きょうはこれを楽しもう」などと考える。
 一日の中でやること一つ一つを大切にやれるように心がける(たとえば、何のためにやるかを意識する)。
 一日の終わりに、「きょうもよくやった」と充実感を感じる。
 寝る前に、「きょう一日無事に生きられた」「幸せだなぁ」などと、幸せな気分で眠りにつく
 こんなふうに一日を過ごすことができるといいのでしょう。

 実際に生きられるのは今だけです。幸せを感じられるのも今だけです。
 幸せになるためには、今を大切にすることが肝心です。
 「一日一生」と考えるのは、そのための工夫なのだと思います。
 同様な工夫が「一期一会」を心がけることです。

 一日の積み重ね、今の積み重ねが一生になるのです。
 一日一日を幸せに過ごす、今幸せを感じるように心がけることが、幸せな一生につながるのではないでしょうか。


    次の日の日記

最新の日記

ホームページ