読書日記

  水のようになる

 PHP9月号の特集は『それでも、人生は楽しめる』。
 鍛治真起さん(ニコリ 代表取締役社長)は、
 ちょっとだけ格好よく言わせてもらうと、ブルース・リーの言葉「水のようになる」が僕は好きだ。
 水はどんな器にも合うように形を変えられる。相手の流儀に合わせて臨機応変になれるのは、自分の形にとらわれず、自分を無にできるからだ。まさに禅の世界だ。
 水になり、今のライブ感を大切にすれば、どんな環境でも楽しめる。
 変えようのない環境に不平不満を思っているよりも、今の環境の中で自分なりに楽しめるといいのでしょう。

 そういう意味で、水から学べることはいろいろありそうです。
 現在の環境を受け入れる力、自分の形や環境の問題にとらわれない心、環境に適応する能力、今の環境に溶け込む力、柔軟性、水に流す力、復元力、・・・。

 水のような幸せになれる心を育てることができるといいのではないでしょうか。
 そして、楽しむためには今を大切にし、今を楽しめるようになることが肝心でしょう。

今を楽しもう


    次の日の日記

それでも、人生は楽しめる

ホームページ