読書日記

  よりよく生きるために悩む

 PHPスペシャル4月号の特集は『明日が変わる、悩みからの脱出法』。
 上地雄輔さん(俳優)は、
 悩むことって、決して悪いことじゃないと僕は思います。
 よりよく生きるために、もっと幸せになるために、前向きに考えるからこそ悩むのだから。どうでもいい人生なら、悩むことすらしないはず。

 以前からよく言っているのですが、悩むのは明日を元気に生きるための作戦会議。
 答えが出ないことで悩むのは意味ないけれど、悩んで何かが変わるのなら「胸張って悩め!」って言いたいな。
 誰でも悩むことはあるでしょう。よりよく生きようとしている人なら、なおさらです。
 幸せ向きに考えられるのなら、多少悩ましくてもいいのではないでしょうか。
 むしろ、悩みがないほうが(生き方に何か)問題があるのかもしれません。

 「悩む」には、「考える」と「苦しむ」が含まれていると思います。
 悩みから脱出するためには、「考えない」か「苦しまない」かができればいいのでしょう。
 答えが出ないこと、考えてもしかたがないことや考えなくてもいいこと小さいことなどはできるだけ考えないようにできたらいいでしょう。
 自分にとって重大な問題は、あまり苦しまないようにじっくり考えることができるといいでしょう。

 また、よく考えるのはいいことです。
 人生の中で遭遇する問題をよく考えることで何かを学び、成長していければいいのでしょう。
 ただ悩み苦しむだけで、幸せ向きにも進めず、何も学べないのがいちばんよくないのではないでしょうか。


    次の日の日記

明日が変わる、悩みからの脱出法

ホームページ