しあわせ日記

  気分よく生活する

 幸せになるためには、気分よく生活することが大切です。
 気分よく生活できること自体が幸せなことです。
 また、気分がいいと幸せを感じやすいのです。
 反対に、気分が悪いと、幸せを感じにくくなり、不幸になる考え方や行動をしやくなってしまいます。

  『不機嫌というものは、結果でもあるが、それに劣らず原因でもある』 アラン

 気分よく生活できるように心がける習慣がもてるといいでしょう。
 たとえば、「気分を変えて行動する」「上機嫌の工夫」「機嫌よく振る舞う」「好い気もちで人と接する」「幸せな気分になるような態度で生活することを心がける」「音楽を使って気分を変える」「幸せな気分で眠りにつく」など、いろいろ工夫できるのではないでしょうか。

 生活していく中では、イヤなこともあるでしょう。
 一つのイヤなことで、いつまでも悪い気分で過ごしてしまうのはよくありません。
 自分のイヤな気もちに気づき、幸せになる考え方を心がけ、少しでも悪感情を小さくできるといいでしょう。
 感情をコントロールするのが難しいこともありますが、感情はある程度はコントロールできると思います。

 イヤなことが悪い気分としてあとをひいてしまうこともあります。そういう場合に、悪い気分に流されないようにし、うまく気分転換ができるようになれるといいでしょう。(仕事に行き詰まった時の気分転換気分を上げる事から心が沈んだ時には、歩く悪い気分の悪循環への対策
 気分をよくするためには、幸せを感じられることをするのがいちばんだと思います。

 自分の感情・気分を知り、うまくコントロールできるようになれたらいいのではないでしょうか。

気分は好好 でいこう!

 仕事・家事・勉強なども、気分よくやれたらいいでしょう。そのために、楽しむ工夫楽しむ努力ができたら、と思います。
 すべてのことを「楽しもう」と心がけることができたらいいのかもしれません。(夢や目標を楽しむ人づきあいを楽しむ今を楽しむ楽しんでごらん

  『人間というものは、気分が大事です』 松下幸之助

 人間の生活の中で「気分」はとても重要なものだと思います。
 気分よく生活できない人は、日常的に幸せになることはできないでしょう。
 気分よく生活できるようになることは、幸せに暮らせるようになるための第一条件ではないかと思います。


    次の日の日記

最新の日記

ホームページ