読書日記

  今日一日の枠の中で生きよう

 『道は開ける』(デール・カーネギー)より、
 あなた自身で、次のような自問自答をしていただきたい。
1.私は、未来に不安を感じたり、「水平線のかなたにある魔法のバラ園」に憧れたりして、ともすると現在の生活から逃避してしないか?
2.私は、過去の出来事――すでに決着のついたことがら――を後悔するあまり、現在をも傷つけていないか?
3.朝の起床時に「今日をつかまえよう」――この24時間を最大限に活用しよう――と心に誓っているか?

 過去と未来を鉄の壁で閉ざせ。今日一日の枠の中で生きよう。
 幸せになるために大事なのは「今」です。
 「過去」や「未来」のために、「今」を不幸な気もちで過ごすのはよくありません。

 「今を大切にしよう」という意識をもって生活できるようになれたらいいのではないでしょうか。
 また、自分が不幸な気もちになった時には、そのまま放って置かずに、自分を助けることができるといいでしょう。

 今を大切に生活するために、朝、自分のや目標や生活目標を確認したり、幸せになる宣言をしたりする。
 そして、夜はできるだけ幸せな気分で眠りにつくようにできるといいでしょう。

 一日一日を大切に、幸せに過ごすことが、幸せな人生につながるのではないでしょうか。


    次の日の日記

道は開ける』デール・カーネギー

ホームページ