読書日記

  愛は成長の場

 『愛するヒント 生きるヒント』(レオ・バスカリア)より、

 愛しあうことで、私たちは成長に必要な最も肥沃な大地を手に入れる。
 それまでの自分や役に立たない偏見を捨てようとすることで、私たちは愛を豊かにし、それが肥沃な土地にさらに養分を与える。
 その報酬として、自分をもっと寛容な目で見られるようになり、新たに何かを発見する無限の可能性をたくさん与えられる。
 人を幸せにするためには、相手の気もちを思いやることが必要です。人を愛する中で人を思いやる心を育てることができるでしょう。
 人と深く関わる中で、自分と人(の考え方・やり方・習慣・価値観・生き方など)の違いを知ることになるでしょう。
 相手の欠点が見えても、愛するためにはそれを受け入れる寛大な心が必要になるでしょう。
 相手を幸せにしようと努力する中で、自分の足りない所にも気づくことになるのではないでしょうか。
 逆に、相手が自分にすることの中から、学べることも多いでしょう。

 人と愛し合う中で学べることは他にもたくさんあるでしょう。
 そういう意味で、「愛」は自分を成長させる場、と言ってもいいのではないでしょうか。

 人を愛せるようになれば、それだけ自分を愛せるようになれるのではないかと思います。
 愛する能力は、人にも、自分にも働かすことができるものだと思います。

 人と愛し合う・幸せにし合う中で、人間として成長することが、自分が幸せになることにもつながるのではないでしょうか。


    次の日の日記

愛するヒント 生きるヒント』 レオ・バスカリア

ホームページ