読書日記

挫折を乗り越える

 『あなたに奇跡を起こすやさしい100の方法』(コリン・ターナー)「目標獲得のための10の行動」より、

・あらゆることを、情熱をもって始めよう。
・新しい目標に没頭しよう。時間と労力をかける価値のある新しい目標のことを考えることで、あなたの挫折感は消滅するだろう。
・一度に一つの考え、一度に一つの行動、一度に一つの目標に気持ちを集中しよう。集中力が高まればそれだけ、失敗のための時間は少なくなる。
 誰でも失敗することはあるでしょう。挫折を経験する人も多いでしょう。
 一つの失敗で長い間不幸になってしまったり、一つの挫折で人生を台無しにしてしまうのはよくないでしょう。
 失敗や挫折から立ち直るためには、それなりの時間が必要かもしれませんが、できるだけ早く立ち直れるようになれたらいいのではないでしょうか。

 失敗や挫折で気もちが沈んでしまうと、生活が不活発になりがちです。
 逆に、何かを熱意をもってすることで、気もちが浮上してくることもあると思います。
 失敗などで気もちが沈んでしまった場合には、何でもいいから自分が幸せになれることを考え、実践するようにできたらいいのではないかと思います。

 失敗や挫折から本当に立ち直るためには、次の目標を達成するのが一番でしょう。
 そのために、次の(幸せの)目標をもつことができたらいいのでしょう。
 そのことに集中すれば、後悔せずにすみ、挫折感も消えていくのでしょう。
 目標達成への過程を愉しむことができれば、なおいいでしょう。

 もし次の目標をもつことが難しい場合には、失敗や挫折という不幸を幸せに変えられるように心がけてみてはどうでしょうか。
 一時の失敗や挫折も(人生の中での)「いい経験と考える」ことができるようになれたら、と思います。

 失敗や挫折を怖れすぎて、何もできなくなってしまうのは、自分(の今後の人生)にとってよくないのではないでしょうか。

一つの失敗で長い間落ち込んでしまうのは その失敗以上の大きな失敗

自分が挫折にしない限り 挫折などはない

つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの


    次の日の日記

あなたに奇跡を起こす
やさしい100の方法』 コリン・ターナー


ホームページ