読書日記

  成功には自己犠牲が必要?

 『「原因」と「結果」の法則』(ジェームズ・アレン)「思いと成功」より、

 私たちは、犠牲を払うことなくしては、いかなる進歩も成功も望めません。
 私たちの成功は、私たちがその達成をどれだけ強く決意し、その計画の上にいかに強く心を固定するかに加えて、自分の欲望をどれだけ犠牲にできるかにかかっています。

 成功を手にできないでいる人たちは、自分の欲望をまったく犠牲にしていない人たちです。
 人間は、もし成功を願うならば、それ相当の自己犠牲を払わなくてはなりません。
 大きな成功を勝ち取るためには、そのことに相当の力を注がなければなりません。
 当然のこととして、それだけ他のことができなくなります。
 そういう犠牲は覚悟しなければならないのでしょう。
 また、身勝手な考えや気まぐれな感情に流されないように自制することも大事でしょう。

 「犠牲」という言葉を遣うと、つらいことに思えてきそうです。
 自分が本当にやりたいことを「選ぶ」と考えればいいのではないでしょうか。
 やりたいことがたくさんあっても、すべてのことができるわけではありません。私たちの時間も力も限りがあります。その中でできるものを選ぶ必要があり、そのためにやりたくてもやれないことがあるのは当たり前でしょう。
 やれない「犠牲」を思うよりも、やれる「幸せ」を感じたほうがいいと思います。

 成功は幸せの一種ですが、成功だけが幸せではありません。幸せは他にもたくさんあります。
 成功よりも他の幸せを選んでもいいのです。
 達成可能な目標をもち、自分に合った目標のもち方・幸せの選び方をすることが大切だと思います。

 また、成功には大きな成功もあれば小さな成功もあると思います。中ぐらいの成功もあるでしょう。
 すごく大きな成功を目指すのでなければ、他の幸せも同時に求めることができるでしょう。
 すべてを犠牲にするような大きな成功は少ないと思います。そういう大きな夢をもって生きられる人は、それだけでも幸せなのではないでしょうか。
 どんなに大きな成功や夢を目指すとしても、日々の生活の中で感じられる小さな幸せはたくさんあるはずです。そういう幸せを感じることが、心を癒し、さらには目標達成に向かう力にもなるのだと思います。(幸せを力に

 限られた人生の中で、自分の幸せを(可能な範囲で)選びながら、(自分の幸せを選ぶために、できないことがあっても)「自分の生き方はこれでいい」と思えるように生きることができたらいいのではないでしょうか。


    次の日の日記

「原因」と「結果」の法則』ジェームズ・アレン

ホームページ