しあわせ日記

5月24日(火) お返しは心のぬくもり

 『小さいことにくよくよするな!』(リチャード・カールソン)より、
 小さな親切をしたところでなにも変わらないじゃないか、という思いにとらわれすぎると欲求不満になり、その無力感を口実にしてなにも行動しなくなってしまう。

 人のためになにかするときは、それをするだけで穏やかでやさしい気持ちが生まれるのに気づくはず。

 なにも見返りを期待せずになにかいいことをしたとき、心の中がほっとぬくもるかどうか確認しよう。
 そのぬくもりこそが報酬だと気づくはずだ。
私は、自分のやさしい気もちが好きです。
やさしい気もちになれるのは、幸せなことです。

  『誰だって、ほんとうにいいことをしたら、
   いちばん幸せなんだねぇ』 宮沢賢治

人を幸せにすることを自らすすんですれば、
 少なくとも自分の心の中が変わるのです。
やさしい気もち、ぬくもりのある幸せな気もちになれるのです。
人を幸せにすることを考えるだけでも、やさしい気もちになれるのです。

幸せになるためには、自分の心がいちばん大事です。
自分の心の中が幸せになることが、自分の幸せになる方法です。

人を幸せにすることが自分の幸せ
 と思えるかどうかがキーポイントだと思います。

実際には、人を幸せにできて、相手が喜んでくれればうれしいし、
 なんらかのお返しがあることもけっこう多いでしょう。
少なくともその場の雰囲気がよくなるでしょう。
関係がよくなり、気分よく過ごしやすくなるでしょう。


    次の日の日記

『小さいことにくよくよするな!』

ホームページ