しあわせ日記

4月28日(木) 『ブッタとシッタカブッタ』

 文字が多い本はちょっと・・・という人もいるのではないでしょうか。
 そんな人におすすめなのが、『ブッタとシッタカブッタ』(小泉吉宏著/メディアファクトリー)です。
 ブタが主人公の4コママンガが中心の本です。
 「心の運転マニュアル本」というサブタイトルがついています。
心の運転もまた同じこと。
運転の仕方を知らないと、
心は迷い、悩み、
どこかへ行ってしまうだろう。
 ということで、「心の運転」について書いたことがあります。
 また、幸せになる考え方を身につけるためには、心の操縦がうまくできるようになるイメージを書きました。

 物事の考え方に関するヒントがたくさんつまった本です。(『ブッタとシッタカブッタ』の中の名言)

  『比較する見方にとらわれるブタは「もっと」を求めつづける

  『誰かからの評価にとらわれているから苦しみを感じる

  『自分の見ているものすべての物は自分の心の中にあるんだよ。
   幸福も不幸も希望も失望も、喜びも 悩みも みんな、みんな

  『じたばたしたり苦しんだりした時は、実はチャンスなんだ

 『ブッタとシッタカブッタ』だったら、朝1分間読んで、あとからいろいろ考えてみるというような読み方もいいのではないかと思います。


    次の日の日記

朝の読書

ホームページ